スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごくごく簡単に (塾2 講義編)

  20, 2011 22:20
東京でかいぬし塾1が終わったんですねー。
(色んな方のブログを読み逃げして知りました)
大阪は今月末に塾3が開催なんですよね。(参加申し込み済み~

ninatabokko

んーーー。塾2実践編はなんとか書けたけど・・・講義編はなかなかまとまらんわ~
で。今更ながらのメモ書き程度の講義編。

内容を書いちゃうと、東京開催の塾2を受講する方の楽しみを奪ってしまうことになるかな~?って、思うし。
もひとつ。うち自身のツライ経験に思い当たる・・・ちゅーか。その・・・自分の心の整理がまだついてへんことに気付いてしもたからかなー。って思ったりして。

高山先生ご本人は、「書かんといて」とゆーよーなケチなお方じゃないですよ。
逆に、どーぞどーぞ。とゆーてはりました。
書かかれた事によって批判が来たら、それがまた、自分の話し方が洗練されることに繋がる。・・・って。
うむむ。(いい意味で)貪欲な先生やなぁ^^と思いました。
それに、そーゆわれると、書きにくいやないかー^^;


えーと。講義は正直ゆーて、今までの中で1番面白かったです!(←思いっきり、うちの個人的感想)
めっちゃ、頭使いました!でも、スッキリ。
レジュメにある飼い主&犬の気持ち(立場)になって考えていきましょう。ってな感じでした。
レジュメに記載のないことまで話は及んでいくし。メモはとったけど・・・理解は追いつけてませーん


で、ね。
1つだけ、書くと。

”観察”

コレ大事。だそうです。

犬の行動だけでなく、その場にいた飼い主さんは何をしたのか?してたのか?
状況は?天候は??などなど。
その時に起こった事、目に留まったありとあらゆる事を書き留めるのも有用。
案外難しいよね。自分の行動って意識しない動きが多いもん。
散歩は1人より、2人以上で行くのもありやね~。観察してもらえるから。
あと。ビデオに撮るのもありだそうですよ

kouen_no_sibafu

んで、塾2の内容からはすこーし外れますが、毎回お話の中で高山先生がおっしゃる『叱り』について。
これ。いつもスゴーーク納得しながら聞いてます。
マジで叱りはいらん。と思う。
叱らない=我儘放題させる、とちゃうで。もちろん。

ココからちょっと暗いお話なので、続きを読むに書きますね。
講義内容じゃないから、読まなくてもOKよー。
うちの事をぐたぐた書いてるだけやからーーー。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



『叱り』の副作用。
大いに頷きますでー。なんでかっちゅーと、うちがそーゆー環境で育ってきたから。
がっつり叱られて、押さえ付けられて育ちましたよ。

だからねー。犬のしつけで、ショックを与えてなだめる(知ってはる人多いみたいやから、省略)・・・って方法。を知った時。
あー。それ。犬やなしに、うちが体験済みー。知ってるわ。って感想を持ちましたねー。
経験してるからか、そーいったしつけ(?)に耐えられない犬の場合。その犬の心の状態がその後どーなっていくのかは、悲しいことに大まか。想像つきます。(高山先生のおっしゃる通りやと思います。少なくとも、うちには副作用があったとゆーことで)
逆にゆーたら、どーすれば犬の心を壊して支配(嫌な言葉や・・・)できるかが、わかります。

学問としては知らんから間違ってるかもしれんけど。
そんなんして従わせるって・・・マインドコントロールちゃうん?、それ。って思う。

人はね。まだええよ。心療内科とか行けるし。行ったし。
でもね。うち、行くのに・・・行った方がええって気付くのに30年以上かかってんなぁ。
まともに過去と向き合って洗いざらい心の治療しようと思ったら、最低、気付くのにかかった年数がいる場合があるねんて。
犬にそんな時間あれへんよ。

だから、叱りはいらんなぁって思うねん。

あ。叱ってしつける。もしくは、しつけてた。ってゆー人を非難するつもりはないねんよ。
叱られて育ったうちも、がっつり子供にしてたし。それしか知らんから、意識せずに叱ってたし。
今も意識せな、感情のままに子供にモノをゆーてしまう事があるんで、気をつけてるくらい・・・うちの中に叱るってゆーのは染み付いてると思うねん。
しかも、大人げないけど、こーゆー話にはムカーッってなって感情的になってしまうねん。
まだ、自分の過去の整理がついてないなー。って感じるわ。いかんいかん。

Oちゃんは、最初っから震えてオドオドしてる仔やったから叱ったらあかんなー、ってわかったし。子供に叱った反省から犬には叱らずに。って思えたんやけどね。

ただねー。流布は、どーなんかなー。商売???んーーーー。甚だ疑問です。


sirotumekusa


『その状況は、赤ちゃんが野っ原に裸で1人。放ーり出されたようなもの』

そんな感じの飼い主さんがおるんやったら、”その状況で私はよく頑張ったなー。その時のベストを尽くしてんやわ”と自信を持って、同じく野原に1匹でいる仔と一緒に歩き出して行けたらええな。って思う。

歩き出したその先に、叱りはなし。
そしたら、お互い笑顔でおれる時間が待ってる。そう思う。


関連記事

Comment - 8

はなのおかぁちゃん  

行って来たよ~♪

私もかいぬし塾行って参りました。
とっても楽しかったです。
次回のお話もおもしろそうですね。
こちらでは、次回は9月開催予定だそうです。

前にブログにもちょっと書いたけど、
はなが一番酷かった頃に、父ちゃんが
一度だけはなを叩いたことがあるの。

当時はね、もう何をしても噛んで飛びついて流血して
まとなお散歩も出来なくて…
父ちゃんがキレてしまいました。
でもね、叩いてしまった後、父ちゃん自身が猛烈に後悔をして
その後から、すごーく良い方向に変わって行きました。

うちの父ちゃんも、自分の母親からのマインドコントロールに
悩んでましてね。
自分のことと重ね合わせて、はなとの関わり合いを考えるようになったみたいです。

父ちゃんは母親に耐えかねて音信不通です。
父親は、母親に内緒で私達に会いに来てくれて、
はなのことも可愛がってくれています。
それが良いのか、悪いのか、私には答えが出せないのですけど、
辛さだけは、わかってあげたいと思っています。

ちゅんままさんのもとに、生まれてきた娘さんもOちゃんも幸せです。
心の痛みを知っている人は、誰かを傷つけたり出来るはずないもの。
みんなで笑って、幸せになりましょっ♪

明日はお散歩会なんですね。
楽しんで来て下さ~い♪

Edit | Reply | 
ペコ母  

おはようございます♪

母親の顔色をいつもうかがいながら育ってきた私です。
今では母親も年老いて、少しずつ理解できるようになってますが、
子供のころは「母の理想とする良い子」にならねば・・・
といつも気にしながら暮らしていたように思います。

なので、自信が全然育たなかったなぁ・・・。
ペコ父の両親と同居していた頃は、仕事の帰りが少しでも遅くなると、
帰りの車の中で心臓がバクバクして、涙が出てくるんです。
今は別居したので(それが原因じゃなくて、関係は良好ですが)
そんなこともなくなりましたが、
これも子供のころの抑圧からなのかな・・・と今になって思います。

反面教師となって、自分の子供たちには、
理不尽な感情をなるべくぶつけないようにしていますが、
どうしても自分がイライラして当たってしまいそうな時は、
「今機嫌悪いから、そこんとこヨロシク!」って先に宣言しちゃってます(笑)

ちゅんままさん、素敵。

>『その状況は、赤ちゃんが野っ原に裸で1人。放ーり出されたようなもの』
そんな感じの飼い主さんがおるんやったら、
”その状況で私はよく頑張ったなー。その時のベストを尽くしてんやわ”と自信を持って、
同じく野原に1匹でいる仔と一緒に歩き出して行けたらええな。って思う。
歩き出したその先に、叱りはなし。
そしたら、お互い笑顔でおれる時間が待ってる。そう思う。

こうやってうまく文章にできるのって、すごい・・・
私もこの仔と笑顔で暮らせるように、これからもがんばろうっと!!

Edit | Reply | 
ロビン母  

過去のこと

今日は?今日もお世話になりました、毎回楽しいです。

ちゅんままさんもいろいろな事があったのですね。でも、いつも皆さん若くてすばらしいなという思いです。

私なんて殆んど余生的な犬飼い生活で、もっと若い時から犬のことを理解できてたらななんて思いますが、過去は過去。
今を楽しみましょって感じで、開き直っておりますの、

子育てのことに関しては、多分私はスペッサルな経験を沢山しているんで又お会いしたときにでもお話したいです。



Edit | Reply | 
ちゅんまま  

はなのおかぁちゃんさま

おはよーございます^^ うちも行ってきましたよ~。
ほんで、昨日もめーいっぱい、お散歩会楽しんできました♪
夕方寝こけてしまって、起きたら夜の8時でした。あははっv-356

かいぬし塾、楽しいですよねっ。
そーやねーん。2はもっとオモロイの!
ぜひ、聞いてきてくださいねぇ^^

やっぱりはなちゃんは、自分で選んでおかぁちゃんとお父ちゃんのところに来てるねんねー。
お父ちゃんとおかぁちゃんを鍛えなおしに来た感じv-398

はなちゃんと自分の事を重ね合わせて・・・かぁ。あら、おんなじ。
うちもOちゃんに幼かった頃の自分をみてました。

猛烈に反省して。って出来たお父ちゃんやったら、きっと、お母さんとの事もお父ちゃんなりの着地点を見つける事ができますよv-411

あ。そんなんゆーてる、うちもまだ着地してないかな~。父とは打ち解けてないな~^^;
親も高齢になって入院とかするんで、その面倒は見ますけど(うち1人っ子やし)同居はないですねー。

> 辛さだけは、わかってあげたいと思っています。

さすが、おかぁちゃんやわぁ。これ、お父ちゃん。嬉しいと思いますよ。
ほんでね。心療内科の先生ゆーてたのは、『良書を読みましょう』でした。
アダルトチルドレンがどーこーって、心理テストを受けた後にゆわれて、んで、いい本を探してくださいね。きっと、心の整理をするのに役立ちますよ。って。

笑う門には福来る♪
で、過ごしますよっ。んで、幸せを呼び込みますよんっ。
ほんま。周りごと幸せに、やね。

読んでくれはって、ありがとさんでっす。
暗いし、書かんでええのんとちゃうか?とも思いましたけど。
まー。Oちゃんを叱らんと思った原点やし。なんで、犬に叱るのを(たいがい、叱りやのーて脅しに見えますが・・・)躊躇わへんのやろー?って思うことがあったんでね。
ちと、グダグダと。すみませぬ~、お付き合いいただいて^^
うへへへへぇ。でも、コメント嬉しかったです。

Edit | Reply | 
ちゅんまま  

ペコ母さま

こんばんわー!

ありゃ。ペコ母さんも。でしたかぁ~^^;
うちは父親の、でしたが。
アル中やったんで、いつ機嫌が悪くなるか・ならないように・・。って見てました。
まぁね。親も色々あったんやろーなぁ。って、思いますが。なかなか、関係改善は難しいです。むむむー。

> なので、自信が全然育たなかったなぁ・・・。

もれなく、うちも手を上げます「私も!」ってv-389
コレコレ。これがねー。大人になる時・なった時。どっかで支障が出てくる元なんじゃないかなー?って思います。

> どうしても自分がイライラして当たってしまいそうな時は、
> 「今機嫌悪いから、そこんとこヨロシク!」って先に宣言しちゃってます(笑)

うへへ。コレいっしょ。
でも、もっと不機嫌に言ってる気がするんで、ペコ母さんのように明るく宣言!をまねっこしよーっと。

あ。いえいえ。この『』の文章ね。心療内科で心理テスト後に幼少期の話をしたら、先生にゆわれた言葉なんですよ。
それで、その言葉を聞いて初めて、「あー。うちって頑張ってたんや」と思えてボロボロ泣いてしもたんです。
親に逆らえず泣いてばっかりやったんで。何にも出来ひん、うちはあかん子や。って思ってたんで。
それをそっくりそのまま書いたっちゅーワケです。ハズカシーv-402

> 私もこの仔と笑顔で暮らせるように、これからもがんばろうっと!!

はーい!うちも頑張りまーすv-411

Edit | Reply | 
ちゅんまま  

ロビン母さま

一昨日も(も。です)お世話になりました~。
ほんま、何であんなに楽しいんでしょうねぇ。

ほほほほほ。まだまだ青くてすみませぬ~~。
だって、若いんだもーん。若さゆえー♪ですわん。

> 私なんて殆んど余生的な犬飼い生活で、もっと若い時から犬のことを理解できてたらななんて思いますが、過去は過去。
> 今を楽しみましょって感じで、開き直っておりますの、

よっ!さっすが。ロビン母さん!!

> 子育てのことに関しては、多分私はスペッサルな経験を沢山しているんで又お会いしたときにでもお話したいです。

えーっ。スペッサルですか??
なんやろー?気になるなぁ^^ しかも、沢山やもんなー。
お話楽しみー。6月是非!!
そうそう。お散歩会って、犬情報以外(袴代とかビックリ!)も聞けるんで、それもまた面白いんですよねぇ。

Edit | Reply | 
なっちぇる母  

叱りは不要!そう思える人の割合は、あんまり高くないのかもね。
うちだって、主人は奈津が私にカミカミしたら「悪いコトしたときにちゃんと叱らないからいつまでもそうなんだ!」っていいますもの。
奈津もね、相手見てて、主人には絶対しませんし。

先代犬は本当におっとりした子で、叱る要素もなくて、叱ることが不要とか、副作用があるから叱らないでおこう、とか考えることもなく19年あまりぼんやりすごしていました。
いい子だけど、少し反応の違う奈津を迎えて、初めて真剣に考える事になりました。
でも、こうやって一緒に成長していけるお仲間ができたことは、ある意味奈津の功績ですね。

自分に自信が持てない…私も同じです。
何かをしようとしたときに、できない理由を先に考えちゃう。
何かをしようとしたときに、必ず反対されて、阻止されてきたから。

だからこそ、自分は人の背中を応援する気持ちでそっと押してあげられる人になりたい、と思います。
中学生の甥が登校拒否で引きこもっているんです。もう1年近く。
彼もまた、自分に自信が持てない状況なんだなぁと、直接手出しはできないけれど、なんとか中学生としての普通の日常を取り戻せるように願っています。

人もワンコも、育っていく過程でいろんな試練があるものですね。

Edit | Reply | 
ちゅんまま  

なっちぇる母さま

いや~。うちの旦那も叱るのを厭わない人ですよ。
まっ、基本的にっちゅーことで、臨機応変にしてますけど。
なんせねー。吠えまくる犬(友達んちの犬)の頭をガブッと噛んで黙らせた、とゆー逸話の持ち主なんで^^;

なっちゃん。おっとりさんに見えるけど、ちょっとお転婆さんなとこもあって、表現力豊かですよねー。
うちもね。Oちゃん以外の仔やったら、ここまで考えたかどうか、あやしいです。
何事も経験ですなぁ。

で、ちょっとね。がみがみさんとお散歩会の時に話してたんですけど、猫やったら「ウニャー♪」ってゆーてごはんをねだっても「ごはんー?そーか。そーしよかぁ」とか、許すよね。ってゆーてて。(がみがみさん現在進行形で猫飼い&うち過去形で猫飼い)
猫は鳴いて要求しても叱るってないんですよね。たぶん。犬は吠えるとしつけの対象でしょ?
不思議ですよね。・・・って書いてて気付いた!鳴くと吠えるの違いがあるやん。コレも関係あるかな?
旦那は、「猫はこんなん。犬はこんなん。って固定観念があるからちゃうの?それから外れたら、何でや!!って思ってまうんやろ。犬種とか個体差とかあんのになー」って、思ったそうですよ。

ありゃ。話が逸れてる。コメントの返事になってないなー。すみませぬー^^

> 自分に自信が持てない…私も同じです。

(握手!!)

> 何かをしようとしたときに、できない理由を先に考えちゃう。
> 何かをしようとしたときに、必ず反対されて、阻止されてきたから。

ほんまにねぇ。なかなかに、やっかいだったりします。
幼少期からのことって無意識でできますよね。得意な事も何とかしたいなーってゆー事も。習慣みたいになってたりするから。

> だからこそ、自分は人の背中を応援する気持ちでそっと押してあげられる人になりたい、と思います。

なっちぇる母さんのイメージそのまんまですよ。持ってはる空気感ってゆーんかな?ほんま。そのまま!
あー・・・私。大阪のおばちゃん化が進んできて図太くなってきてしまいました^^;
どーしよ。


中学生の甥っ子さん。んー。多感な時期ですよねー。
うちにも一匹おりますよ。デカイ図体でゲームばっかりしてるあほボンがorz

このあほボン。引きこもってはいませんでしたが、小学4年生の時に荒れましたよーー!
1年間、学校は行くだけ!テストは名前も答えも書かずで0点!担任の先生キライ!
で、5年生の時クラス替え&担任交代で復活しました。
新担任の先生が向き合ってくださったおかげで、「オレでもできるんや」って自信(漢字の小テストで100点取った)を取り戻せたのがきっかけだったようです。

甥っ子さんもスモールステップで外に出れるといいですね。
通っている学校がすべてじゃないとゆー考えもあるし。
時間が解決することもあるし。
人生に無駄なものは無いとゆーし。
ゆっくりでええから、良い方向に向かうことをお祈りします。

とかゆーて、うちも中学の頃は学校サボってましたもん。おほほ。
時々ですよ。時々。自分で電話しておサボり。
で、自宅でのんびり。両親共働きやったんで、そんなことしてました。
いやー。色んな事ありますねー。ほほほv-398

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。