スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉が通じるって

  20, 2010 02:14
長ーーくて、頭を使こた(つこた)話の後には、笑けるお話をば。
じゃないと、うちの頭がもちまっせーーん。

kaitenyaki
寒い夜は甘~い回転焼(今川焼)よねー

で、いぬの話とちょっとズレます。

犬が吠える。 犬は吠える。
うちのOちゃんも吠えます。

好意で声を掛けてくれはる人に「ガウガウ」
「かわいい~」と近づいてくる人に「ウワンワンッ」
手を出してきても、ササッと避けます。(←コレ、かなりの高確率)

「すいませーん。怖がりなんですぅ」 とか 「ちょっと興奮してるみたいです。嬉しいみたい~」

・・・・・・ままっ、当たり障りのないことをゆうてその場を離れるわけですが。(ほんまにびびりやけど)
さて、ワンコさんが『ホンマ』はどうゆうてるのか?
吠えではわからんですよね~。超能力者じゃない限り。

じゃ、人の子は??


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


うちの2番目の子。娘ですが。
1才代から反抗期入ってまして。
だっこをせがんで聞き入れられないとなると、プイッとして知らん夜道(初めて行った山道)を親の行く方向とは逆走するとゆう。
なんとも無謀かつ大胆?な自由人でございました。

大人に囲まれて育ったんで(大人が何をしたいのか察して聞いてしまうから)言葉が遅く、1才半過ぎても「ありがとう」も「あーあ」としかゆえませんでした。(保育所入った後はペラ子さんに・・・)

なもんだから、大人しくみえるんですよね。
しゃべんないし。
結構じーーっとしてるし。

そんな娘がとある言葉を覚えまして。

――― スーパーのレジで ―――
店員:「わー。かわいいねぇ。お母さんとお買い物?いいねぇ。」
ニコニコ笑顔で娘の顔を覗きながら、声を掛けてくださる。
娘 :うつむき加減。店員さんの顔を見ずに、ぼそっと一言。「・・・・・・バータ」
店員:おもいっきしの笑顔で、うつむく娘の顔をさらに覗き込んで「え?(なあに?)」
娘 :反抗期特有の三白眼でキッッと店員さんを睨んで、ハイッ!大きな声で!!
「バァーーータッッ」 

・・・・・・・・舌っ足らずな言い方やけど、意味 通じますよね?
バカ とゆっております。   関西でバカは使こたらあきません・・・。ケンカ売ってます。

毎日毎日。お買い物とワンセットの光景
正直つらかったです。「何この子?」「親は何をどう教えてんのっ?」って感じで毎回見られましたから

今となっては、面白い笑い話なんですけどね。
で、この話、ちょっとした後日談が・・・・。

おっかしーーなぁ と思ってたんですよ。
だーれも『バカ』なんて言葉、教えてへんもん。使こてないし。
と思たら1年ほど前、犯人が名乗りをあげました。
父:「あー?あれ?オレ。あんま、しゃべらんし、覚えへんやろー思てん(^▽^;)」
あ・ほ・かっっ!キッチリ覚えたわ!使い方までバッチリや!!

犬はね。犬もね。吠えたら、スゴイ目で見られる時ってあるやないですか?
でも、大丈夫!相手は、うちのコの言いたいこと・・・気持ちまでは、わからないんですもん。
わかるもんなら、ゆうてみて。って。

いやはや、通じるのもつらいわね。
通じないのももどかしいわね。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。